大変!自動車保険のデメリット

お金がかかるのが一番のデメリット

自動車保険に加入をする場合には、当たり前のことですが保険料が発生します。この保険料を高いと見るか安いと見るかは人それぞれ感じ方は違いますが、自動車には何かとお金がかかるものだけに、その上で更に発生する保険料の負担を軽いと考える人は少ないことでしょう。強制保険である自賠責とは違って、任意ではあったとしても事故を起こしてしまったときの賠償額を考えると実質的には必要不可欠な保険となります。最近は格安で加入ができる自動車保険も増えていますが、内容次第では年間で数万円から十万円単位の出費となるので負担は決して少なくありません。特に若い人や事故が多く等級が低い人にとっては、お金がかかるデメリットは大きなものとなります。

補償の取捨選択が難しい

自動車保険を契約する際には、自ら補償の範囲を選択することになりますが、素人にはこの取捨選択が難しいという問題があります。お金のことを無視すれば、補償の範囲から特約まで広くカバーをすれば良いのですが、そうすれば保険料が跳ね上がってしまいます。また、自分にとって全く不要な補償にお金をかけるのも無駄なものです。しかし、素人には何が必要で何が不必要なのかというのはわかりにくい部分があるため、契約の際に迷ってしまうことも少なくありません。不要なものまで契約をしてしまうのは保険料が高くなるだけで済みますが、必要なものを省いてしまって事故を起こしてしまうと、保険が機能せずに自動車保険に加入をしていた意味がないということになってしまいます。