知っておこう!自動車保険とは何なのか

相手に対する補償のため

自動車の事故で相手がいた場合、自分の過失の大きさによってお金で補償しなければなりません。人に関しては、けがをさせてしまうと治療費がかかりますし、大きなけがであれば入院や手術費用が必要です。万が一死亡させた場合は慰謝料を支払わなければなりません。また、物に関しては、相手の車の修理費用があります。ガードレールや家の壁などに対しても同様に修理費用を支払う必要があります。これらは高額ですぐに払える額ではありません。それに対応する為に自動車保険に加入して補償で賄ってもらうのです。補償内容の選択が重要で、幅広い事態に対応できるようにしておくことが重要となります。一般的なプランで対人と対物を無制限にしておくと安心です。

自分に対する補償のため

事故を起こした場合、自分に対する補償も重要です。車の補修費用や自分以外の同乗者に関してもけがに対する医療費がかかります。ほかにも、遠出をしている際の事故では、車を長距離レッカー移動したり、突発的な宿泊費用や交通費がかかってしまいます。さらに、裁判となってしまった場合、弁護士費用がかかるのです。このように事故を解決するためにいろいろな付随費用が必要となります。保険加入する際、幅広い補償内容にしておくことが重要です。補償内容が充実すればするほど保険料が高くなるのは事実です。従って、カーライフに応じた補償内容の選択が保険料を安くする秘訣です。例えば、車の購入に年月が経っていれば車両保険は外すという考えがあります。