便利!自動車保険のメリット

自動車保険とはどんなものか?

自動車保険の本来の目的は、車の運転中に交通事故を起こして、他人を死傷させたり物品を損傷してしまったりした場合に生ずる損害賠償金を補償することです。車の所有者は車検とともに自賠責保険に加入することが義務付けられていますが、自賠責保険は対人賠償だけで、対物賠償までカバーしていません。また、対人賠償の上限額も低く、相手に重傷を負わせたり死亡させたりしたら、全額を賠償することができないでしょう。そこで、自賠責保険のほかに、任意保険に加入することが必要です。ほとんどの任意保険では、対人・対物共に無制限に補償してくれます。任意保険には、相手に対する賠償だけでなく、自分に損害が生じた場合にも補償してくれる保険もあります。

自動車保険のメリットについて

自動車保険に加入すれば、対人・対物賠償の補償を無制限に受けられるだけでなく、運転者や同乗者が死傷した場合にも補償される特約を附帯することもできます。また、車外で起きる事故についても補償される日常事故賠償特約も附帯することが可能です。これにより、自転車に乗っていて歩行者とぶつかって怪我をさせたり、スキー場で滑降中に他人と激突して負傷させたりしても、慰謝料や治療費といった賠償金を補償されます。さらに、車内に乗せたパソコンなどの物品についても、事故で破損すれば補償される携行品補償特約も附帯できます。保険料についても、無事故の経歴が長かったり、車の走行距離が短かったりすれば、その分だけ安くなる特典もあるので、契約内容を確認してメリットを最大限活用しましょう。